ファッション

【ウルヴァリン】1000マイルブーツをレビュー!打倒ベックマン!【実コーデも】

2021年2月7日

・きれいめなワークブーツって何かないかな?

・ウルヴァリンの1000マイルブーツってどうなんだろう?

こんにちは、ヤマウ(@yamaublog)です。

今回は、WOLVERINE(ウルヴァリン)の「1000マイルブーツ」を紹介します。

こういったドレスブーツと言えばベックマンが有名ですが、この1000マイルブーツも本当かっこいいんですよ。

ポイント

馴染みやすい革質ドレッシーな雰囲気がとても気に入っています!

もともとベックマンか1000マイルブーツかで悩みましたが、今では絶賛ヘビロテ中です笑

そこで今回は

  • 1000マイルブーツの魅力
  • 僕の感じるベックマンとの違い
  • 実コーデ

を紹介していきます!

1000マイルブーツの魅力

魅力

  • ドレッシーなワークブーツ
  • 最初から柔らかい革質
  • 脱ぎ履きしやすいフック
  • よりきれいめなレザーソール

ドレッシーなワークブーツ

やっぱりこの「ドレッシーですっきりした見た目」が一番の魅力です!

手入れできてなくてすみません...

ワークブーツだけどきれいめで、「こてこてのワーク」じゃないところが特徴ですね。

ポイント

きれいめに見える理由は、細身ですっきりしたデザインになります。

靴幅を表す「ワイズ」というものがあるんですが、1000マイルブーツはDと細めです。(ベックマンもD)

ちなみにレッドウィングで有名な「アイリッシュセッター」は1つ上のEになります。

またプレーントゥで、ステッチ等もないシンプルなデザインも特徴です。

なのでこの「ワークブーツだけどドレッシー」な雰囲気が一番の特徴になります!

最初から柔らかい革

次にブーツで重要な革質なんですが、ホーウィン社の「クロムエクセルレザー」が使われています。

こちらが柔らかくて馴染みやすい革質なので、すぐ足馴染みしてくれるんですよね。

ホーウィン社について

ホーウィン社は、1905年にアメリカ・シカゴで創業したタンナーで、最高級の皮革を作ることで世界的に知られる名門。特に、同社の作るシェルコードバンは、『オールデン』などの高級紳士靴に採用されていることで有名だ。

クロムエクセルレザーの特徴

約100年前に開発された手法を用いて、加工が施されていない状態の原皮を丁寧になめし、特性オイルを浸透させた牛革がクロムエクセルレザーだ。

https://mens.tasclap.jp/a800

特徴としては油分が多いので最初から柔らかくて、もっちりしています。

ポイント

僕は平日はブーツが履けないので、最初から柔らかいのは嬉しいポイントでした。

靴擦れもしたことなくて楽でしたね(人によりますが。。)

なので靴擦れが苦手な方や、週末しか履けない人にも特におすすめです。

脱ぎ履きしやすいフック

また1000マイルブーツは上三つがフックになっています。

なので紐をすぐほどけて脱ぎ履きがだいぶ楽なんですよ!

正直、ブーツって

脱ぎ履きがちょっと面倒

なんですよね(ずぼら)

犬

ポイント

でもこいつはフックからすぐ紐を外せられるのが結構気に入っています。

ちなみにベックマンは普通の穴だけになってます。

正直ここが穴かフックかで見た目ってそんなに変わらないので、実用性あるフックなのは結構嬉しいポイントです。

よりきれいめなレザーソール

また1000マイルブーツはワークブーツには珍しいレザーソールなんですよね。

このより上品な感じが個人的にツボですね!

ポイント

ラバーソールに比べてボリュームが少ないため、よりすっきりしているのが特徴です!

一方でベックマンはラバーが張られたソールになります。

ここがベックマンとの大きな違いなんじゃないかな、と個人的に思います。

遠目で見れば見た目に大きな差はないんですが、やはり微妙に印象が変わってくるんですよね。

ポイント

なのでベックマンはよりワーク、1000マイルブーツはドレス寄りといった感じです。(本当若干だけど)

ただクッション性といった機能はラバーソールのほうがあると思うので、そこは注意してください。

僕はワーカーのようにがっつり歩かないので、

完璧に見た目重視にしました。笑

でもそのままだと少し滑るので、靴のお直し屋さんでハーフラバーを貼ってます!

大体1000~2000円くらいでできますよ!

なので僕みたいに、よりきれいめなブーツが欲しい方には1000マイルブーツがおすすめです!

おまけ:人と被らない所有欲

これは余談なんですが、1000マイルブーツってほとんど見かけないので「自分だけの所有感」みたいなのが得られます笑

やっぱり世間的にはドレスブーツ=ベックマンだと思うんですよね。

それでたまに1000マイルブーツがいるかな?くらいです

なので僕みたいな天邪鬼な方には特におすすめです笑

実コーデ

では簡単に実際のコーデを紹介していきます!

デニムオンデニムに合わせた「ザ・アメカジ」スタイルです。

全体的にシルエットを細身にして、野暮ったさをなくすようにしました。

やっぱりデニムにブーツは最高ですね!笑

こういった細いデニムに1000マイルブーツと相性がいい気がします。

関連
【レビュー】リーバイス511は大人におすすめなデニム!実コーデも!

・大人に合うデニムが欲しいけど何がいいんだろう? ・ちょっとこだわって長く穿けるデニムが欲しい そんな疑問に今回はこたえたいと思います。 リーバイスの511というモデルが、大人っぽくてどんな着こなしに ...

続きを見る

次はちょっと太めのデニムに合わせました!

細身のブーツですが、意外に太いデニムにもいけるんですよね。

「白T+デニム+ブーツ」という

超シンプルで面白みはない

かもですが、初夏とかによくしています笑

関連
【リーバイス501】LVC1955をレビュー!太くて無骨なジーンズ!

・太くてかっこいいデニムってなにかないかな? ・LVC1955モデルの501ってどうなんだろう? こんにちは、ヤマウ(@yamaublog)です。 今回はリーバイスのLVC1955モデル501を紹介し ...

続きを見る

次はライダースにフランス軍のM47パンツを合わせました。

カーキとブーツの茶色が合ってくれてこれも好きです!

下半身が結構ラフなので、上をライダースでちょっとラギッドに締めてみました。

こういう男らしいコーデにブーツは最高ですね(女子ウケは知らない。笑)

最後はちょっと趣向を変えて、きれい目にまとめました。

ポイント

ブーツがシュッとしてるので、細身の黒パンツとも相性がいいんですよね。

ドレス寄りなブーツなので、きれいっぽい雰囲気にもあってくれる点も気に入っています!

以上、コーデ紹介でした!

まとめ:上品で大人なワークブーツ

今回は、WOLVERINE(ウルヴァリン)の「1000マイルブーツ」を紹介しました!

まとめ

  • ドレッシーなワークブーツ
  • 最初から柔らかい革質
  • 脱ぎ履きしやすいフック
  • よりきれいめなレザーソール

ベックマンとよく比べられるブーツですが、

  • ドレッシーなレザーソール
  • 柔らかい革質
  • 脱ぎ履きしやすいフック

という点が個人的に気に入っています。

本当かっこいいブーツなので、気になる方はぜひ試してみてください!

それでは、今回もありがとうございました。

使用したアイテムはこちら↓

関連
【レビュー】リーバイス511は大人におすすめなデニム!実コーデも!

・大人に合うデニムが欲しいけど何がいいんだろう? ・ちょっとこだわって長く穿けるデニムが欲しい そんな疑問に今回はこたえたいと思います。 リーバイスの511というモデルが、大人っぽくてどんな着こなしに ...

続きを見る

関連
【リーバイス501】LVC1955をレビュー!太くて無骨なジーンズ!

・太くてかっこいいデニムってなにかないかな? ・LVC1955モデルの501ってどうなんだろう? こんにちは、ヤマウ(@yamaublog)です。 今回はリーバイスのLVC1955モデル501を紹介し ...

続きを見る

-ファッション,

© 2021 YAMAU BLOG Powered by AFFINGER5