ライフハック 家具・家電

【一人暮らしに!】無印良品の脚付きマットレスをレビュー!

2020年12月26日

・一人暮らしのベッドってなにがいいかな?

・無印良品の脚付きマットレスってよく聞くけどどうなんだろう?

こんにちは、ヤマウ(@yamaublog)です。

今回は、無印良品の「脚付きマットレス」が2カ月使ってみてよかったので紹介していきます!

ベッド選びって普段買わないから知識もなく、種類もたくさんあって選ぶの難しいですよね。

僕もその一人でかなり悩んでいたんですが、この脚付きマットレスにして本当よかったです。

ポイント

フレームが無いので部屋が広く感じ、安価なのに寝心地も良くてとても満足しています。

高級マットレスを除けば、一人暮らしには無印良品の「脚付きマットレス」一択だと思います(独断と偏見)

では、早速そう思う理由とおすすめな点を紹介していきます!

脚付きマットレスおすすめな点

部屋を広く使える

このベッドは、マットレスに4つの脚が付いてるだけのとてもシンプルな見た目です。

なので余分な装飾やベッドフレームがない分、部屋を広く使えるのがポイントになります!

というのも、一人暮らしの部屋って実家と違ってスペースに限りがあります。

ほとんどが1K、もしくは小さめの部屋がもう一つあるかどうかかですよね。

ポイント

そんな限られたスペースを少しでも広くするために、ベッドをすっきりできるのは大きな魅力ですよ!

実際僕は1DKで、ベッドのある部屋は6畳とコンパクトです。

ただこの脚付きマットレスはめちゃめちゃシンプルなので、部屋を余分に圧迫してくれなくて助かってます。

なので部屋が狭くても

なるべくお洒落にしたい

という一人暮らしの願望を叶えてくれますよ!(多分)

マットレスだけにお金をかけれる

またベッドフレーム分節約できるのも魅力ですね!

通常は「マットレス+ベッドフレーム」が必要ですが、こいつはこのマットレスと専用の2,000円の脚を買うだけです。

同じ予算で普通のベッドを買う場合だと、ベッドフレーム代分マットレスの質を下げる必要がありますからね。

また無印良品だと、安いベッドフレームでもシングルで2万円以上と結構いい値段します汗

脚付きマットレス無印良品その他のベッド
マットレス(シングルサイズ)
どちらも同じ高密度ポケットコイルのもの
27,90039,900
ベッドフレーム-24,900
脚付きマットレス用の脚2,000-
総額29,90064,800
全て税込表示
参考:https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/T20000

このようにベッドフレーム代分節約できるので、脚付きマットレスはお得なんですよ!

ネットで探せば一万円前後のベッドフレームも見つかりますが、そもそもベッドフレームって寝心地にあまり関係ないと言われています。

だから無くていいんじゃないかなと思ってます。

なので脚付きマットレスはコスパがいいのが魅力です!

部屋に合わせて脚の高さを選べる

また脚の高さを部屋の雰囲気に合わせて「5,10,12,20,26㎝」5種類から選べますよ!

ベッドの高さは部屋の雰囲気や収納に直結するので、目的に合った高さにできるのはいいですね。

一般的にですが

ポイント

・脚の高いベッド:フレーム下に収納できるが、圧迫感が生まれやすい。

・脚の低いベッド:部屋が広く見えやすいが、収納は難しい。また低すぎると下の掃除が大変。

というイメージです。

無印良品の脚付きマットレスでは、20cm以上の脚だと無印良品の収納ボックスをしまうことができます。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002528041

僕は今後収納することがあるかもと思ったので、20cmを購入しました!

なので物が多い方は20cm以上の脚、部屋を広く見せたい方は12cm以下の脚がおすすめです。

脚は3色から選べる!

王道カラーの「ナチュラル」「ブラック」「ブラウン」から選べるので、部屋の雰囲気に合わせられますよ!

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/section/S1330102

ちなみにナチュラルとブラウンは木製、ブラックはスチール製です。

僕は男っぽい雰囲気の部屋にしたかったのでブラックにしました。

なんとなくスチールのブラックって

モテそうじゃないですか?

まあそんな邪念は置いといても、色を選べるのは地味に嬉しいポイントです!

無印良品は高コスパと名高い品質(らしい)

実は、脚付きマットレスは無印以外にもいろんなメーカーで出されています。

ただその中でも特に評判の高いのが無印良品の物でした。

今回検証した中では、無印良品の脚付きマットレス ポケットコイルの価格は、一番安いものと比較すると3倍ほどだが、この中身を観れば十分納得。まさに、寝心地と耐久性も備えた一台だ。

(中略)

やはり脚付きマットレスにおいて、無印に一日の長があることがより明らかとなりました。

https://the360.life/U1301.doit?id=17

脚付きマットレスおすすめ5選|無印の日記マットレスを分解テスト

僕は全然ベッドに詳しくないですが、上記のサイトを見つけて無印良品のベッドにしようと決意しました(単純)

実際に2カ月ほど使用していますが、問題なく毎日気持ちよく寝れてます。

寝心地自体は適度に固めで適度に身体を支えてくれてとても気持ちいいですよ。

おすすめは高密度ポケットコイルタイプ

無印の脚付きマットレスには「高密度ポケットコイル」「ボンネルコイル」の2種類があります。

簡単に違いをまとめるとこんな感じです。

ポイント

【ボンネルコイル】

画像のように金属のコイルがそれぞれ1つのフレームに連結してできていて、昔のマットレスの主流の形になります。

https://www.bedstyle.jp/media/choose/%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%99%82%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/5516

全てのコイルが1つの鉄のフレームにくっついて身体を支える構造なので、横になるとマットレス全体が沈むイメージです。なので身体を面で支えます。

また固めの寝心地と言われています。

【高密度ポケットコイル】

こちらも金属のコイルですが、画像のように1つ1つが独立して不織布の袋に入って配置されています。

現在のマットレスの主流タイプです。

https://www.bedstyle.jp/media/choose/%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%99%82%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9/5516

なので連動せずに1つ1つのバネが独立して身体を支えるため、マットレスが身体に沿って沈みます。

なのでこちらは面で支えるというよりは、点で支えます。

荷重がかかる部分だけが沈むことで身体の重さが分散し、自然に寝ることができるらしいです。

寝心地は柔らかめです。

万人向けは高密度ポケットコイル

実際に店頭で比べてみましたが、正直大きな差は分かりませんでした。

ただ万人に向いてるのは「高密度ポケットコイル」とよく言われているので、僕はそちらを選んでます。

なので、こだわりがない限り「高密度ポケットコイル」がお勧めですよ。

まとめ:一人暮らしはとりあえず脚付きマットレスがおすすめ

今回は無印良品の脚付きマットレスが良かったのでレビューしました。

まとめ

フレームレスで部屋を広く使える

マットレスだけにお金をかけれる

部屋に合わせて脚の高さを選べる

無印良品は高コスパと名高い品質(らしい)

おすすめは高密度ポケットコイルタイプ

脚付きマットレスはとにかくシンプルでインテリアを邪魔せず、もちろん寝心地もとてもいいです。

もちろん何十万円もするマットレスと比べたら寝心地は劣るかもしれませんが、この価格帯の最適解だと個人的に思います。

ぜひ気になる方は試してみてください。

それでは今回もありがとうございました!

-ライフハック, 家具・家電
-, ,

© 2021 YAMAU BLOG Powered by AFFINGER5